エレキギターを懐かしみつつ年と感じるフォーク世代

エレキギターを弾いてみたいと思う事はですね、好きなギタリスト、あれどうやってあんな速弾きしているのかなあと思うんですよね。

因みに最近の若い人の音楽は分からないオバサンです。

昔は、フォーク世代の頃に、Fのコードをやっと弾いてそれから、仕事に精を出すようになり、家族ももって、今頃になって、当時流行っていたディープパープルなどのギターを弾いてみたいと思うんですよね。

例えば、レッドツェッペリンだとか、ジミーペイジって天才だとしか思えなくて、リッチーブラックモアなんかも、オバサンが弾いたら、単なるエアギターで終わってしまうのですけれどね。

あのころの有名ロックは、今の若者には少し古くなっているのか、そんな気はしますけれど、それでも、オバサンは、ああいう速弾きをしてみたいと感じますねえ。

ただ、バンドをするにも、昔はロッキンオンなど、色々なバンドのメン募雑誌を使って、募っていたものも、今はネットで若い人がやっていたりして、もうなんかオバサンにロックの出る幕はないような気がしますな。

一人でこの前、フェンダーUSAのストラトを買いました。

買ったのはエレキギターおすすめというネットのお店です。

何とか、Burnのリフを弾いていると、あの学生時代を思い返して、恥ずかしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です