初めてのハードコンタクトレンズ

私は今まで使い捨てのソフトレンズを使用していたのですが、なくなるたびに店舗や通販サイトで購入する手間が面倒になり、「ハードコンタクトレンズ」にすることにしました。

いつも行く、お店でスタッフさんからおすすめのハードコンタクトレンズなどの説明を聞き、値段の手ごろなものを選んで購入しました。

初めてハードコンタクトレンズを付けたときに感じたことは「目が痛い」「目に不快感を感じる」ということでした。

ソフトレンズは目を全体に覆うのですが、ハードコンタクトレンズは黒目に置く感じなので、何かものを見たり、俯いたりするたびにレンズが移動するのが気持ち悪かったのです。

「そのうち慣れるよ」と長年にわたりハードコンタクトを愛用している夫は言うのですが、一か月ほどは慣れることができませんでした。

また、取り外すときも慣れないうちは苦労しました。

「トン」と目元のあたりを刺激することでコンタクトレンズをとることができるのですが、これもなかなかできなかったです。

さらには、外にいるときに風邪などで埃や砂などが入ると、激痛を伴うほどの痛みを感じました。

何事も、慣れてしまえばなんとでもないのでしょうが、長年ソフトコンタクトレンズを愛用していた私としては、なんとも大変な一か月となりました。

でも今まで利用してきた通販サイトのコンタクト当日というサイトで注文したり、わざわざ、店舗に行かなくてもよくなったので、それはそれで良かったかなと思っています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です